音韻論, 音声学 スイカとSUICAの話

記事のレベル; ★☆☆☆☆ 日本語の東京方言のアクセントは上記の通り、 ピッチが高いか低いかで決まります。 本来アクセントの役割というのは、単語の境界を示したり、意味の区別に役立ったりするものであると考えられています。 今回は後者のアクセントによる、意味の区別についてお話します。

音韻論, 音声学 処理方法の違いと小ネタ―〇〇を逆から読むと―

記事のレベル ★☆☆☆☆ 前記事では、拍と音節の違いを長々とお話してきました。日本語には拍という概念がリズムの処理に大きく寄与していました。だから、しりとりや川柳などの言葉遊びや詩歌なども拍単位で処理されていると言えます。しかし、日本語以外の多くの言語では音節で処理されることが多いのです。 この処理方法の違いが面白い現象を生み出したりすることがないこともない!

音韻論, 音声学 日本語のリズム Part3-音節とは? 具体的に!

記事のレベル ★★★☆☆ 前記事で、音節の仕組みについて記述しました、続きです。 例えば、”bring”という単語を例にとると、各音の関係は、 “b”がエネルギーの小さな音、”r”がエネルギーの中くらいの音、”i”がエネルギーの一番大きな音、”n”がエネルギーの中くらいの音、”g”がエネルギーの小さな音ということになります。

音韻論, 音声学 日本語のリズムPart2-音節とは?

記事のレベル ★★☆☆☆   一方、拍に似た音節という単位もあります。 学校の英語の時間などに「音節」という言葉を耳にした方も多いと思います。 先ほど紹介したように日本語では、拍単位でリズムを処理することが多く、それは平仮名1文字に相当するものです。 これに対して音節というものがあります。

音韻論とか音声の話TOP

記事のレベル;★☆☆☆☆ 序 初めは読者の皆様が関西弁をマスターできるような記事を書こうと思い、このブログを立ち上げました。で、関西弁の仕組みを知ってもらうためには、先ず一般的な日本語に仕組みを大まかに知っておいた方がいいだろうということで、躍起になって書きまくっていた ら、書いているうちに楽しくなってきて、無駄に色々なことを書きすぎちゃいました。結果、もはや関西弁についての記事じゃなくて、音韻論 […]