音声音韻有気音と無気音

記事のレベル;★★☆☆☆   まえおき   前項では 「有声音」「無声音」について述べました。 有声音は「ガ行」とか「ザ行」とか「母音」のことで無声音は「カ行」とか「サ行」のことね、と理解してくれたかと思います。 そして、日本語母語話者は、この有声音と無声音を使い分けて平穏な日常を過ごしているわけでございます。 例えば「カが飛んでいる」と「ガが飛んでいる」だったら、前者は血を吸 […]

音声音韻日本語の動詞 / 複合動詞のアクセント

記事のレベル;★★☆☆☆ 動詞のアクセント   動詞のアクセントは、めちゃくちゃ簡単です。基本的に動詞のアクセントパターンは2パターンしかなく、平板式か起伏式だけです。「学校文法」でいう五段活用、一段活用関係なく、平板式、起伏式の括りだと考えてもらってもいいです。 拍数に関して 平板式の場合 何拍であっても↓〇↑〇↑〇↑〇のように1拍目は低く、2拍目以降は高くなります。   起 […]

両声類講座⑦女聲の形 -初期段階の女声と練習法-

記事のレベル;★☆☆☆☆    はじめに 女声を発生させるために最も重要なのは、「響き」である。これは以前の記事でもさんざん言ってきたことだ。「響き」のみでも、ある程度はゴリ押せるところもあるが、前提として喉の形が整っていなければやはり歪な女声になってしまう。   ただし、この「喉の形」を整える作業は、練習すれども想像以上に成果が外面に現れ難く、挫折する人も多い。女声の発生過程において、 […]

音声音韻有声音と無声音

記事のレベル;★☆☆☆☆ 清音と濁音 ひらがなで、「か」、「さ」、「た」に濁点をつけると「が」、「ざ」、「だ」になります。アルファベットにしても、「k」「s」「t」に対応するものといえば「g」「z」「d」となりますね。 普通、日本語では「か」「さ」「た」の方は清音、「が」「ざ」「だ」の方は濁音と呼ばれています。 「あたりまえやんけっ!」って思うかもしれません。しかし、「これらの違いっていったい何? […]

android8.0 Oreo(miui9)で2端末でlineの同一アカウントへのログイン [要root]

はじめに 表題の通り、OREOベースのOSでLineに2端末で同一アカウントログインする方法をメモ程度に残します。 root化が必須となります。 自分は 端末: xiaomi mi6 ROM: MIUI 9 の環境で行いました Nugat以前での方法 Nougat以前では次の2ステップを経ることで、同一アカウントにログイン出来ていました。 ①旧端末でtitaniumでLINEをバックアップして、生 […]

音韻論音声学日本語のアクセントの表記方

記事のレベル;★☆☆☆☆   はじめに これまで、アクセントを表記する時は「↑」とか「↓」とか使ってましたが、もちろんこれは正式なアクセント表記法じゃないです。 これまでにも、アクセントの表し方として、頭高型、中高型、尾高型という分類を紹介してきましたが、あまり推奨されるものではありません。 というのも、頭高型と尾高型は、「あ、語頭にアクセントがある」だとか、「語尾のアクセントだな」とい […]

両声類講座⑥ メラニー法と地声上げアプローチII ~女声を作り出すパラメーター ~

  記事のレベル;★☆☆☆☆   はじめに (この記事はまだ未完成ですが、やる気が出ないので先行公開します。あとで音声ファイルとか入れます。)   メラニー法と地声上げアプローチの記事で、メラニー法と地声上げアプローチの2つの区別なんてどうでもよくて、女声に至るまでに地声から上げていこうが、喉を絞って裏声から下げていこうがどうでもいいということを説明した。   […]

両声類講座⑤ 風邪と女声

記事のレベル;★☆☆☆☆   はじめに 筆者はあまり風邪をひかない。でも最近ついに風邪をひいてしまい、声があまり出ない状況におちいってしまった。   この状況で「メラニー法」を使用した女声を出そうとすると、出しにくい。 一方で地声を入れてやる方法で発声すると声が出やすいってことが直感的に分かった。   この体験を考察していきたい。 本来ならこの記事はもっと後に書くべき […]

関西弁講座⑧ 関西弁の複合語のアクセント

記事のレベル;★★☆☆☆   関西方言アクセント、関西方言のアクセントの位置、エセ関西弁からの脱却←を見ていただけると分かるように、関西方言の各単語ごとのアクセントはアホみたいに複雑で東京方言よりも複雑でした。しかしそれを、ひとたび複合語にしてしまうと割と単純なアクセントになります。   複合語のアクセントパターンに関して今回は説明します!   因みに東京方言の複合語 […]