CATEGORY

関西弁講座

ここでは関西弁のアクセントの習得について解説します!

関西弁講座⑧ 関西弁の複合語のアクセント

記事のレベル;★★☆☆☆   関西方言アクセント、関西方言のアクセントの位置、エセ関西弁からの脱却←を見ていただけると分かるように、関西方言の各単語ごとのアクセントはアホみたいに複雑で東京方言よりも複雑でした。しかしそれを、ひとたび複合語にしてしまうと割と単純なアクセントになります。   複合語のアクセントパターンに関して今回は説明します!   因みに東京方言の複合語 […]

関西弁講座⑦ 関西方言の高起式、低起式の分類

記事のレベル;★★☆☆☆   関西弁マスター講座の第7回目となります。   関西方言の特徴として、それを議論する時に「高起式」、「低起式」という用語を使用することがあげられます。   こいつらの意味は、単純に 高起式:最初の拍が高く始まる   低起式:最初の拍が低く始まる というだけです。   つまり、関西方言で

関西弁講座⑥エセ関西弁からの脱却!

記事のレベル;★☆☆☆☆   前項東京アクセントと大阪弁アクセントの対応関係!で東京方言と大阪方言の対応関係を紹介しました。このことにより、日本語の東京方言(標準語)のアクセントが話せる人なら、関西方言をある程度予測することができる可能性があります。 この記事では、前項で引用した金田一先生の類別の表を、自分なりに関西弁習得のために再考してみたものを紹介したいと思います。   こ […]

関西弁講座⑤ 東京方言と関西方言のアクセントの対応関係!

記事レベル;★★☆☆☆ 前回は関西方言のアクセントの位置について、高起式、低起式という語を用いてお話しました。また関西方言アクセントパターンについても紹介しましたが、これらには東京方言との対応関係が見られるので、今回はそれを紹介いたします。 あなたが日本語母語話者(少なくとも東京方言の直感がある)である限りは、簡単に簡単に習得できるかもしれない(できないかもしれない)。 東京方言でこのアクセントだ […]

関西弁講座④ 関西方言のアクセントの位置

記事のレベル;★★☆☆☆   前ページ→東京方言vs関西方言 単語のアクセント編 で東京方言と関西方言のアクセントルールの違いを示しました。関西方言は1拍目と2拍目のピッチの高さが同じでもよく、いわゆる特殊拍(「っ」「ー」「ん」「母音の後の母音」)にもアクセントの変わり目を置くことができるのでした。 で、単語が高い音から始まるとき、「高起式」といわれ、低い音から始まるときは、「低起式」と […]

関西弁講座②超ザックリとした関西方言と東京方言の違い

記事のレベル;★☆☆☆☆   関西方言と東京方言は日本語話者だったら、一瞬で聞き分けられますよね。 じゃあ、何が2つを区別させてるんや!って思っちゃいますよね。   この話が、この関西弁マスター講座の中核を担うことになるのですが、その違いっていうのをここでもダイジェストでお送りします。

関西弁マスター講座 序論

記事レベル ★☆☆☆☆ 読者の皆さんの中には最近関西に移ったものの、関西弁に馴染めず、関西弁を頑張って使ってみるも「お前の関西弁きもいねん!」と一蹴された経験をお持ちかもしれません。 でも、「きもい」と言ってきた方を責めてはいけない。これは彼ら関西人が自分の方言に誇りと尊厳を持ってるだけで仕方ないことなのです。 そういう方々はここで、「きもくない」関西弁を習得してみるのはどうでしょうか。

関西弁マスター講座TOP

前から関西弁を習得したいと思っている人向けの解説を前々から書きたいと思っていました。で、今やっと書きます。ここでは日本語母語話者向けの解説をしていきたいなと思います。そのうち関西弁を習得したい日本語学習者にも、解説文を書こうかなと思ってます。 この関西弁講座では主に関西弁のアクセントを中心に解説していきます。 なぜかというと、関西弁を関西弁たらしめる理由は「アクセント」だからです。 そのことについ […]