TAG

音声学

活舌悪い人~「し」「ち」がちゃんと発音できない~

はじめに 実は筆者も昔、「し」とか「ち」音がしっかりと発音できませんでした。 ちなみに、その発音はこんな感じです。 「し」は「ひ」みたいな感じに、「ち」は「き」みたいな音に聞こえると思います。 そこそこ頑張って発音を強制したので、その体験を踏まえて解説していきたいと思います。 ちなみに「し」や「ち」が発音できない現象を「構音障害」と言います。   何が悪いか なぜ、普通の「し」や「ち」の […]

音声音韻 母音の無声化現象

記事のレベル;★★☆☆☆ 母音の無声化 芸能人の「菊川怜」というときに、皆さんは「キクカワレイ」と1音1音丁寧に発音するでしょうか。関西弁の人はもしかしたら1音ずつ子音母音のペアで「kikukawa rei」と丁寧に発音するのかもしれない。しかし、実は東京方言の人は1音ずつ丁寧に発音してない場合がほとんどです。


音声音韻調音点と調音法 母音の分類

記事のレベル;★★☆☆☆   はじめに  人間は言葉を話すときに「さかな」だったり「つる」だったり、何らかの音を出すことで、コミュニケーションをとっていますが、これらの「さ」「か」「な」「つ」「る」という個々の音は勝手に体の中からスピーカーのように湧いて出るわけじゃあないんです。 自分たちが口の中で舌や唇を使って、肺から出てきた「ただの気流」を「加工」することで色々な音色を作り上げている […]

音韻論とか音声の話TOP

記事のレベル;★☆☆☆☆ 序 初めは読者の皆様が関西弁をマスターできるような記事を書こうと思い、このブログを立ち上げました。で、関西弁の仕組みを知ってもらうためには、先ず一般的な日本語に仕組みを大まかに知っておいた方がいいだろうということで、躍起になって書きまくっていた ら、書いているうちに楽しくなってきて、無駄に色々なことを書きすぎちゃいました。結果、もはや関西弁についての記事じゃなくて、音韻論 […]