TAG

アクセント

音声音韻日本語の動詞 / 複合動詞のアクセント

記事のレベル;★★☆☆☆ 動詞のアクセント   動詞のアクセントは、めちゃくちゃ簡単です。基本的に動詞のアクセントパターンは2パターンしかなく、平板式か起伏式だけです。「学校文法」でいう五段活用、一段活用関係なく、平板式、起伏式の括りだと考えてもらってもいいです。 拍数に関して 平板式の場合 何拍であっても↓〇↑〇↑〇↑〇のように1拍目は低く、2拍目以降は高くなります。   起 […]

関西弁講座⑧ 関西弁の複合語のアクセント

記事のレベル;★★☆☆☆   関西方言アクセント、関西方言のアクセントの位置、エセ関西弁からの脱却←を見ていただけると分かるように、関西方言の各単語ごとのアクセントはアホみたいに複雑で東京方言よりも複雑でした。しかしそれを、ひとたび複合語にしてしまうと割と単純なアクセントになります。   複合語のアクセントパターンに関して今回は説明します!   因みに東京方言の複合語 […]

関西弁講座②超ザックリとした関西方言と東京方言の違い

記事のレベル;★☆☆☆☆   関西方言と東京方言は日本語話者だったら、一瞬で聞き分けられますよね。 じゃあ、何が2つを区別させてるんや!って思っちゃいますよね。   この話が、この関西弁マスター講座の中核を担うことになるのですが、その違いっていうのをここでもダイジェストでお送りします。

音韻論, 音声学 日本語のアクセント

記事レベル; ★★☆☆☆ アクセントのことはスイカとSUICAの話でいくつか説明しましたがもう少し詳しく見てみましょう。日本語のアクセント高低アクセントと呼ばれるアクセント形式で、音が高いか低いかでアクセントがきまりました。一方、英語では、強勢アクセントといって音が強いか弱いかでアクセントが決まります。アクセントは何のために存在するかというと、単語の境界を示したり、意味の区別に役立ったりするものだ […]

音韻論, 音声学 スイカとSUICAの話

記事のレベル; ★☆☆☆☆ 日本語の東京方言のアクセントは上記の通り、 ピッチが高いか低いかで決まります。 本来アクセントの役割というのは、単語の境界を示したり、意味の区別に役立ったりするものであると考えられています。 今回は後者のアクセントによる、意味の区別についてお話します。

音韻論とか音声の話TOP

記事のレベル;★☆☆☆☆ 序 初めは読者の皆様が関西弁をマスターできるような記事を書こうと思い、このブログを立ち上げました。で、関西弁の仕組みを知ってもらうためには、先ず一般的な日本語に仕組みを大まかに知っておいた方がいいだろうということで、躍起になって書きまくっていた ら、書いているうちに楽しくなってきて、無駄に色々なことを書きすぎちゃいました。結果、もはや関西弁についての記事じゃなくて、音韻論 […]