CATEGORY

音韻論とか音声学とか

音韻論, 音声学 日本語のアクセント

記事レベル; ★★☆☆☆ アクセントのことはスイカとSUICAの話でいくつか説明しましたがもう少し詳しく見てみましょう。日本語のアクセント高低アクセントと呼ばれるアクセント形式で、音が高いか低いかでアクセントがきまりました。一方、英語では、強勢アクセントといって音が強いか弱いかでアクセントが決まります。アクセントは何のために存在するかというと、単語の境界を示したり、意味の区別に役立ったりするものだ […]

音韻論, 音声学 スイカとSUICAの話

記事のレベル; ★☆☆☆☆ 日本語の東京方言のアクセントは上記の通り、 ピッチが高いか低いかで決まります。 本来アクセントの役割というのは、単語の境界を示したり、意味の区別に役立ったりするものであると考えられています。 今回は後者のアクセントによる、意味の区別についてお話します。

音韻論, 音声学 処理方法の違いと小ネタ―〇〇を逆から読むと―

記事のレベル ★☆☆☆☆ 前記事では、拍と音節の違いを長々とお話してきました。日本語には拍という概念がリズムの処理に大きく寄与していました。だから、しりとりや川柳などの言葉遊びや詩歌なども拍単位で処理されていると言えます。しかし、日本語以外の多くの言語では音節で処理されることが多いのです。 この処理方法の違いが面白い現象を生み出したりすることがないこともない!

音韻論, 音声学 日本語のリズム Part4-日本語における音節

記事のレベル ★★★☆☆ 前回の記事では、音節について、英単語を用いて具体的に解説しました。 英語の授業では「音節」って聞くけれども、国語の授業では「音節」だなんて一切聞いたことないでしょう。 では、日本語には音節なんて存在しないのでしょうか

音韻論, 音声学 日本語のリズム Part3-音節とは? 具体的に!

記事のレベル ★★★☆☆ 前記事で、音節の仕組みについて記述しました、続きです。 例えば、”bring”という単語を例にとると、各音の関係は、 “b”がエネルギーの小さな音、”r”がエネルギーの中くらいの音、”i”がエネルギーの一番大きな音、”n”がエネルギーの中くらいの音、”g”がエネルギーの小さな音ということになります。

音韻論, 音声学 日本語のリズムPart2-音節とは?

記事のレベル ★★☆☆☆   一方、拍に似た音節という単位もあります。 学校の英語の時間などに「音節」という言葉を耳にした方も多いと思います。 先ほど紹介したように日本語では、拍単位でリズムを処理することが多く、それは平仮名1文字に相当するものです。 これに対して音節というものがあります。

音韻論, 音声学日本語のリズム Part1-拍について

記事の難易度 ★★☆☆☆ ここで扱う日本語のリズムとは特に断りが無い限り東京方言について扱っていると思ってください   まず日本語のリズムは拍がベースなのですが、拍とは何?って感じですね。 拍はモーラとも呼ばれます。

音韻論, 音声学子音とは? 母音とは?

記事のレベル; ★★☆☆☆   皆さんは、これまで英語の授業とかで、何度も「子音がどうちゃら―」とか「母音がなんとか―」とか聞いたことがあるでしょう。