CATEGORY

音韻論とか音声学とか

音韻論とか音声学について書いていきますよ

活舌悪い人~「し」「ち」がちゃんと発音できない~

はじめに 実は筆者も昔、「し」とか「ち」音がしっかりと発音できませんでした。 ちなみに、その発音はこんな感じです。 「し」は「ひ」みたいな感じに、「ち」は「き」みたいな音に聞こえると思います。 そこそこ頑張って発音を強制したので、その体験を踏まえて解説していきたいと思います。 ちなみに「し」や「ち」が発音できない現象を「構音障害」と言います。   何が悪いか なぜ、普通の「し」や「ち」の […]

音声音韻 母音の無声化現象

記事のレベル;★★☆☆☆ 母音の無声化 芸能人の「菊川怜」というときに、皆さんは「キクカワレイ」と1音1音丁寧に発音するでしょうか。関西弁の人はもしかしたら1音ずつ子音母音のペアで「kikukawa rei」と丁寧に発音するのかもしれない。しかし、実は東京方言の人は1音ずつ丁寧に発音してない場合がほとんどです。


音声音韻調音点と調音法 母音の分類

記事のレベル;★★☆☆☆   はじめに  人間は言葉を話すときに「さかな」だったり「つる」だったり、何らかの音を出すことで、コミュニケーションをとっていますが、これらの「さ」「か」「な」「つ」「る」という個々の音は勝手に体の中からスピーカーのように湧いて出るわけじゃあないんです。 自分たちが口の中で舌や唇を使って、肺から出てきた「ただの気流」を「加工」することで色々な音色を作り上げている […]

音声音韻有気音と無気音

記事のレベル;★★☆☆☆   まえおき   前項では 「有声音」「無声音」について述べました。 有声音は「ガ行」とか「ザ行」とか「母音」のことで無声音は「カ行」とか「サ行」のことね、と理解してくれたかと思います。 そして、日本語母語話者は、この有声音と無声音を使い分けて平穏な日常を過ごしているわけでございます。 例えば「カが飛んでいる」と「ガが飛んでいる」だったら、前者は血を吸 […]

Phonology Accent of the Japanese verbs

Accent of the Japanese verbs The accent of the verbs is very simple. Basically, there are only two patterns: accented and unaccented, and they have nothing to do with whether a verb is godan or ichida […]

音声音韻日本語の動詞 / 複合動詞のアクセント

記事のレベル;★★☆☆☆ 動詞のアクセント   動詞のアクセントは、めちゃくちゃ簡単です。基本的に動詞のアクセントパターンは2パターンしかなく、平板式か起伏式だけです。「学校文法」でいう五段活用、一段活用関係なく、平板式、起伏式の括りだと考えてもらってもいいです。 拍数に関して 平板式の場合 何拍であっても↓〇↑〇↑〇↑〇のように1拍目は低く、2拍目以降は高くなります。   起 […]

音声音韻有声音と無声音

記事のレベル;★☆☆☆☆ 清音と濁音 ひらがなで、「か」、「さ」、「た」に濁点をつけると「が」、「ざ」、「だ」になります。アルファベットにしても、「k」「s」「t」に対応するものといえば「g」「z」「d」となりますね。 普通、日本語では「か」「さ」「た」の方は清音、「が」「ざ」「だ」の方は濁音と呼ばれています。 「あたりまえやんけっ!」って思うかもしれません。しかし、「これらの違いっていったい何? […]

日本語(東京方言)の複合語のアクセント

記事のレベル;★★☆☆☆   単純語の日本語のアクセント規則は先に初回しました。 今回は複合語についてお話したいと思います。   まず、今回重要なポイントは 単純語は複合語になると、アクセントが1つに統合される。 ということです。

音韻論, 音声学 東京方言のアクセントの分布

記事のレベル;★☆☆☆☆   前記事では日本語(東京方言)のアクセントの分類について解説しました。 今回はそれを発展させて、アクセントの分布について書いていきます。 つまり、単語内のどこに、ピッチの高から低の下がり目が来るかというお話です。

日本語のアクセントの分類

記事のレベル;★★☆☆☆   アクセントのことはスイカとSUICAの話でいくつか説明しましたがもう少し詳しく見てみましょう。日本語のアクセント高低アクセントと呼ばれるアクセント形式で、音が高いか低いかでアクセントがきまりました。一方、英語では、強勢アクセントといって音が強いか弱いかでアクセントが決まります。アクセントは何のために存在するかというと、単語の境界を示したり、意味の区別に役立っ […]