Windows×Rails6でDockerを使えるようにする ②Docker Desktop for Windows導入編

記事のレベル; ★★☆☆☆

はじめに

Windows × Rails6でDocker desktop for Winsowsを使用できるようにすることを目指すにあたって、今回はDocker desktopを用意する所まで解説していきます。

↓「Windows×Rails6でDockerを使えるようにする ➀WSL2編」の続きです

Windows×Rails6でDockerを使えるようにする ➀WSL2編

環境

Windows 10 home

前提

OSがWindows 10 home(バージョン2004, OSビルド19041.264以上)であること!
WLS2が使用可能であること!もしまだだったら、下記リンクから
http://main-website.com/blog/2020/11/04/wls2/

Docker Desktop for Windowsの導入

Docker Desktop for Windows 以外の選択肢とか

(筆者が理解するのに、沼りまくったのでここに記しておきます。)

➀ WLS2を使用できる状態のWindows 10 homeの中にubuntu(Linux環境)とかを入れてLinux用のDockerを導入する。

Docker Toolboxを導入して、VirtualBoxというものを別途用意して運用する。

③WLS2を使用できる状態にして、Docker Desktop for Windowsをインストールする。

今回は③のDocker Desktop for Windowsをダウンロードする。
(②も試したことが有りますが、色々管理がめんどくさかったので、③でします。)

※本来Docker for Windowsは「Windows 10 のPro、Enterprise、Education」を使っている課金者向けのサービスです。
Windows Homeの人は
WSL 2 対応にしてDocker Desktop for Windowsを使用というイメージです。

導入方法

このサイトからインストールする

Get Desktop for Windows(stable)からダウンロードしましょう

とにかく、ダウンロードするのは「Docker Desktop Installer.exe」です

ダウンロードしたDocker Desktop Installer.exeをインストールして
(途中でチェックする項目が現れますが、デフォルトで大丈夫です。)

黒い画面が出てきて
クジラのマークが出たら完了です。
※これ以降、このクジラはお目にかかる機会がそうそうないと思います。

動作確認

適当に、コマンドプロンプトとかpowershellとかを開いて、

docker version

とか打ってみたら、↓みたいにversionとか出てくるかと思います。
それで成功。できなければ、WLS2に問題ありって感じですね。

あと、同様に

docker run hello-world

と打つと

This message shows that your installation appears to be working correctly.

というメッセージが出てきたらOKです

次の記事ではRails newしていきます

両声類講座⑤ 風邪と女声