活舌悪い人~「し」「ち」がちゃんと発音できない~

はじめに

実は筆者も昔、「し」とか「ち」音がしっかりと発音できませんでした。

ちなみに、その発音はこんな感じです。

「し」は「ひ」みたいな感じに、「ち」は「き」みたいな音に聞こえると思います。

そこそこ頑張って発音を強制したので、その体験を踏まえて解説していきたいと思います。

ちなみに「し」や「ち」が発音できない現象を「構音障害」と言います。

 

何が悪いか

なぜ、普通の「し」や「ち」の音が出ないかと言うと、発音する時の舌の位置、それと空気の出し方が悪いからです。
(たまに、「し」が「スィ」みたいな発音になる人もいますが、それも舌の位置と空気の出し方が悪いのです)

下の絵の通り、「し」の普通の発音は舌を口の天井に近づけて、舌の表面と、口の天井(中でも上前歯から舌で天井をなぞっていった時にボコってなってるところあたり)とで空気の摩擦を起こして出す音です。
実際の音はこんな感じになります。

「し」の発音

つまり、舌の中心を空気が通ってるイメージです。

 

しかし、ちゃんと発音できていない人の多くは、絵のように口の中の右か左かどちらかの頬っぺたに舌を近づけて、頬っぺたと舌の間で空気を摩擦させて音を出しています。

間違った「し」の発音

※絵では両方から息を出してますが実際はどちらか一方です

 

(「し」の音が「スィ」みたいになっている人もいますが、それは舌の位置が前すぎるのです。日本語の「し」は「さ、す、せ、そ」よりもちょっと後ろになります。口の天井のボコっとなってるところで発音するように心がけましょう。)

「さ、す、せ、そ」の発音

上の「し」の位置と比べればわかる通り、舌の位置が歯のすぐ後ろにあります。

改善法

身も蓋もないことですが、違和感を克服するまで毎日発音し続けることです。
あと、自分の声は必ず録音しましょう。

何年間も間違った発音で生きてると、その発声法が自分の中では正しいと信じて疑わなくなるものです。

だから、本当に正しい発声法をするのに抵抗感というか、ちょっと恥ずかしいとさえ思ってしまいます。

まずはその洗脳を解除してやらないといけません。

自分の声を録音して、正しい発音を出せる舌の位置を模索しつつ、自分が正しい音を出せてるってのを聞いて自信をつけてください。

サ行みたいな摩擦させる音はほんの数ミリ舌の位置がズレたら違う音になるほどセンシティブなので、しっかりと、じっくりと音を模索してください。

正しい音の出し方が分かっても、元の音の出し方の方が楽ちんなので、元の発声法で発音したくなるでしょうが我慢してください。

それをずっと何年も続けてたら、矯正完了します。

そもそも「し」って音は、口の中の狭いところを空気が通る時に出る摩擦の音なのです。

「ち」という音は「し」の音に空気のタメが入った音です。

 

終わりに

そもそも自分が初めて「し」や「ち」を発音できてないのに気づいたのは大学で言語学系の授業を受けた時でした。

先生が「し」の発音をしてる時、口の中で舌の位置がどうなってるか、図を元に解説してもらいましたが、その時正直、「意味わからん」と思いました。んで、先生や他のクラスメイトに聞くとこれで合ってると言われて、初めて気づきました。「おかしかったのは自分の方だと!」その時気づけて良かったです。今人の前で話すお仕事をしていますが、そのままだとホントにヤバかったと思います。