音声音韻有気音と無気音" />

音声音韻有気音と無気音

記事のレベル;★★☆☆☆

 

まえおき

 

前項では
「有声音」「無声音」について述べました。

有声音は「ガ行」とか「ザ行」とか「母音」のことで無声音は「カ行」とか「サ行」のことね、と理解してくれたかと思います。

そして、日本語母語話者は、この有声音と無声音を使い分けて平穏な日常を過ごしているわけでございます。

例えば「カが飛んでいる」と「ガが飛んでいる」だったら、前者は血を吸う虫で、後者は、蝶々の出来損ないだなと当たり前のように理解できます。

しかし、実はこの区別が当たり前でない言語が存在するのです!

 

「有声音」「無声音」のない中国語、韓国語

 

例えば、中国語や韓国語などがこれに相当し、これらの言語には「有声音」とか「無声音」とかいう概念が存在しません。

 

もちろん、発音した時に音によって声帯が震えたり震えなかったりします。だから分類しようと思えば「有声音」、「無声音」に分類することができます。

 

しかし、中国語や韓国語は「有気音」「無気音」によって意味を区別する機能がないため、中国語、韓国語話者は「カ」と「ガ」を聞いても「同じ音やん」となる訳です。

 

「意味の区別って何ぞ?」と思うでしょう。

 

逆に、中国語、韓国語の立場から日本語を考えてみると分かりやすいかもしれません。

 

呼気による意味の区別!

 

中国語、韓国語には「有声音」、「無声音」の代わりに

「有気音」「無気音」というのがあります。

こいつらは、以下のようなものです。

 

「有気音」→発音時に息が強く発せられる音。あと、子音発音後に母音が遅れて聞こえる。

「無気音」→発音時に息が発せられない音。あと、子音発音後にすぐ母音が聞こえる。

 

例えば、中国語で「打」はピンインで「da (3声)」で「だー」と読まれるのに対し、「塔」はピンインでは「ta (3声)」「たはぁー」みたいな感じで息漏れが聞こえるのです。

 

このように、発音時に息が出てるいるか出ていないかが2つの単語の意味を分けるポイントになっているのです。

 

また、これらの発音を「打(da)」を息の出ないように「たー」と言って、「塔(ta)」を息が強く出るように「だはぁー」と言っても通じるはずです。(不自然かどうかは別として)

 

このように、発音する時に声帯が振動しているかどうか(有声音か無声音か)は意味の区別に関わっていないと言えるのです。

 

この「有気音」「無気音」の区別はもちろん日本語にはありません。

だから、逆に日本語話者からすると、「たあー」とか「たはぁー」とか言われても、「同じ音やん」ってなるのです。

 

日本語話者が「有気音、無気音」を区別できないのは、ちょうど中国語話者が「有声音(が)」と「無声音(か)」の区別ができないのと同じことなのです。

 

それは日本語には「有気音、無気音」での意味の区別がないからといえます。

 

有気音の音声記号

んで、ちなみに国際発音記号(IPA)表記は、「k」音を例に取ると、

[k]が「k」音の無気音

[k^h]が「k」音の有気音(※hはkの右肩に指数のように乗る)

ということになっています。

 

こんがらがりそうですが、

「有声」「無声」の対立は

[k]が有声音
[g]が無声音

 

「有声」「無声」の対立は

 [k]が無気音[k^h]が有気音 (※hはkの右肩に指数のように乗る)

です。

 

中国語のピンインもまた特殊

中国語を習っている人は中国語の表記で「ピンインで「k」「g」使ってるやん」って思うでしょう。これはただ単に、便宜的に使ってるだけで「k」が「有声音」、「g」が「無声音」を表しているわけではありません。

 

実際には[k]が「有気音」、[g]が「無気音」を表しているのです。

(実は[k]を発音する時の方が、[g]を発音する時よりも息が出やすいため間違ってないことはない)

 

そういうわけで、しばしば中国人は「か」と「が」を区別できずに、「わがた(分かった)」と言ったりするのです。

 

ややこしいですが、上で紹介した国際音声記号(IPA)とは違って、ピンインは中国語の音だけを表す記号なので、「有声音」だの「無声音」だのいう必要がないから、こんなことが起こってるわけです。

 

中国語話者の聞き取り

日本語話者が「きのさき」と言った時の初めの「き」と最後の「き」を異なった種類の「き」であると勘違いすることがあります。

 

前者の「き」は語頭にあるため、結構息を強めに発する人が多いです。一方で後者の「き」は母音が弱くなる環境にあるため、息をあまり出さずに発音する人が多いです

母音の無声化現象

 

日本語話者が中国語や韓国語の有気音を発する時に「有気音の[kh]を有声音の[g]」で「無気音の[k]を無声音の[k]」で発音する人が多いと思いますが、一度自分の「息」に注目して発音してみるのもありかもしれません。

 

でも、上記のカラクリを知った人は「有気音」を必要以上に力んで発音して、逆に「無気音」を必要以上に息を殺して発音してしまって、かえって怪しい発音になってしまうことがあります。

 

有気音と無気音の発音

とある研究で、「有気音、無気音」を中国語話者が知覚するとき、

「息の有無」はもちろん、「子音が発せられる時間と母音の発せられる時間の差」を2音の区別のために参照しているのではないかと言われています。

 

すなわち、「有気音、無気音」は以下のようになっているということです。

有気音→子音の後に遅れて母音が発音される。無気音→子音の後にすぐ母音が発音される。

 

このことを図示するとこのようになります。

 

・無気音

・有気音

この図の横軸は時間です。

左から右に発音がなされてると思ってください。

例えば「ta」と発音することを考えると、

図の

 

——」で示されてるところが「t」の息が破裂してない、舌が上の歯の裏にピッタリくっついてる状態の事です。

 

」で表されてるのが「t」の息が破裂した瞬間です。舌が上の歯の裏から離れた瞬間です。

 

で、赤色で書いたモジャモジャが母音「a」です。

 

見てもらえれば分かるように、子音「t」を発する時間は、有気音と無気音は同じです。

違う所は、「<」の後、つまり息の破裂の後に母音が早く発せられるか、遅めに発せられるかなのです。

 

「有気音、無気音」の発音に苦しんでいる人は子音と母音の発声時間を考えつつ発音すると割と良い発音ができるようになるかもしれません。(しらんけど)

 

 

世界の言語はバリエーション豊富

 

因みに、「有声音vs無声音」と「有気音vs無声音」が相補的なモノじゃなくて、この2つの対立が混在してる言語もあります。

 

韓国語

韓国語に関しては、「有気音、無気音」の他に、「声帯の閉鎖と解放」で発音する音があります。これらは韓国語教育では「平音、激音、濃音」と呼ばれています。

平音はいわゆる「無気音」激音はいわゆる「有気音」

濃音は良く「喉頭の緊張を伴う音」というように言われているけれど、声門を閉鎖して発音する音的な感じで理解しておけばいいと思います。

濃音に対応する国際音声記号は無いので、よく言語学者は[t’]みたいな感じで、右上に「’」をつけます。

 

音声サンプル

左から順番に平音、激音、濃音の順に並べています。

・タの音

달 [tal]「月」  탈[t^hal]「お面」 딸[t’al]「娘」

・カの音

가[ka]  카[k^ha] 까[k’a]

・チャの音

자[ʨ]  차[ʨʰ]  짜[ʨʻ]

・サの音

살[sal]「肉」 쌀[s’al]「米」

このサの音の濃音については、韓国語話者の中でも本当は激音じゃね?感があるため、ほんまもんの濃音ではないかもしれない。

 

 

ベトナム語

ベトナム語にも、この概念があって、「有気音」「無気音」の対立しているって聞いたことがあります。

ここではベトナム語の

than [t^h音](声調省略)「石炭」、tai [t音](声調省略) 「耳」、

da [j音](声調省略)「皮」

についてみていきましょう。

なぜ、声調を省略したかって?それは筆者自身ベトナム語がよくわからないからだぜ☆

 

音声サンプル

 

than 「石炭」

tai「耳」

上のサンプルである「than」は/th/の部分が有気音[t^h]になっていて、「tai」の/t/の部分が無気音[t]になっています。

 

ベトナム語話者の友人に発音してもらいましたが、有気音か無気音か「息が出ているかどうか」なんて筆者にはわからなかった。たぶん他の日本語話者諸君も知覚し難いのではないかと思う。でも、「than」の方が「tai」に比べて母音が始まるのが少し遅めなような気がしないでしょうか。

 

因みに、ベトナム語には/d/から始まる単語もありますが、こちらは日本語で言うヤ行に近い音になるらしい。

だから無声音/t/の有声バージョンということでもないらしい。

da「皮」

 

琉球語

さらに、琉球(沖縄)方言には韓国語のような「有気音、無気音」、「声帯の閉鎖と解放」、さらに「有声音、無声音」の対立が見られ、その上、地方によってどの音を採用するかバラバラでゴチャゴチャです。

つまり、ザックリいうと、「か[ka](無声音)」と「が[ga](有声音)」と「かはぁ[kha](有気音)」と「かっ![k?a](声帯の閉鎖と解放)」がそれぞれ存在することになっているらしいです。

 

音韻体系だけで見ると、もはや本土の日本語とはかなりかけ離れているということが分かるでしょう。

 

あと、沖縄には、11方言ほどありますが、一つ一つ母音数が違ったり使用する子音が違ったりしています。んで、その大部分がもはや死語に近くなってきているのです。やっぱり沖縄方言の消滅は人類にとっての文化破壊と言えるっすね★

 

英語

あと、英語は基本的に[t]と[d]、[p]と[b]、[k]と[g]のような対立のある「有声音、無声音」型の言語だと言われていますが、「有気音」と「無声音」の概念が全くないかと言えば、正しくありません。

実際、

語頭及び、語中の第一アクセントにくる「p, t, k」は有声音で発音されて、それ以外の場所では「p, t ,k」の無声音で発音されます。

 

音声サンプル

 

例えば、「time」、「getting」という単語を例に取ると

英語話者は「time」を発音する時に

「ッアーイム[t^haim]」のように最初の[t]を息強めで発音しているはずです。

一方で「getting」の時は「ゲティン」のように普通の[t]で発音されます。サンプルではそうでもないですが、人によってはもはや[t]が弱すぎて「ゲリン」みたいに聞こえることもあるくらい弱いです。

他には、

・take [t^eɪk]    stake [steɪk]

・pin [pɪn]    spin [spɪn]

上で紹介した例は語頭にpやtやkがあった時のものですが、語中でも、第一アクセントの場合有気音化します

・capacity [kəpæsəṭi]

英語において「有気音、無気音」の区別が必ずしも必要ではありませんが、より母語話者っぽい発音を目指そうと思うと、必要なファクターになってくるのです。

 

おわりに

中国語 ベトナム語 韓国語のような有気音、無気音が音の区別に重要な役割を担ってる言語間でも、恐らく、どの程度息を出せば有気音判定になるかと言うのは一定の基準が無いように思います。

 

面白いことに、中国語話者に韓国語の平音、濃音、激音を聴いてもらうと平音と激音が有気音判定で、濃音のみが無気音判定だったりしました。

韓国語話者に中国語の有気音、無気音を聴いてもらうと、有気音は有気音、無気音は無気音でした。

 

このことから中国語話者の方が、有気音に対してはより敏感に感知するのだと思われます。(何を感知してそうなるのかは知らん。息の量?母音の開始時間?)

 

で、韓国語話者にベトナム語の有気音、無気音を聴いてもらうと、区別は出来ていました。でも呼気の量が足りない的なことを言ってたような気がする。(忘れた)

 

このことについてはまた調べたいと思います。

 

 

日本人的には「有気音」「無気音」は日本語にはない概念なので、第二外国語として、東アジアの言語を学んだ時に、よくわからずに、日本語の「有声音」「無声音」で発音をしたりします。

逆に、「有気音」「無気音」を日常的に使っている人たちからすると日本語の「有声音」「無声音」なんかわからずに「有気音」「無気音」で発音していたりするのです。

よくよく考えれば日本語話者でも、ささやき声(無声)で「タクト」「ダクト」って言っても割とわかったりする。

何がそうさせてるのかなと考えると、息の量とか破裂からの無声母音が始まるまでの時間を参照しているような気がしなくもない。

 

まあ、何であれ、2つ概念の差を知れば、自分も発音できるし、日本語学習者にも教えることが出来るので、ハッピーハッピーですね!

 

音声音韻論目次               ホームへ戻る