音声音韻日本語の動詞 / 複合動詞のアクセント" />

音声音韻日本語の動詞 / 複合動詞のアクセント

記事のレベル;★★☆☆☆

動詞のアクセント

 

動詞のアクセントは、めちゃくちゃ簡単です。基本的に動詞のアクセントパターンは2パターンしかなく、平板式か起伏式だけです。「学校文法」でいう五段活用、一段活用関係なく、平板式、起伏式の括りだと考えてもらってもいいです。

拍数に関して

平板式の場合
何拍であっても↓〇↑〇↑〇↑〇のように1拍目は低く、2拍目以降は高くなります。

 

起伏式の場合
2拍 ↑〇↓〇
3拍 ↓〇↑〇↓〇
4拍 ↓〇↑〇↑〇↓〇
5拍 ↓〇↑〇↑〇↑〇↓〇
みたいに、最後から2番目の拍にアクセントが来るという共通点があります。

つまり、動詞単体のアクセントは拍数、活用に関係なく、平板式、起伏式しかなく、起伏式も後ろから2番目にアクセントがくる1パターンしかないのです!

逆に言うと、日本語母語話者が動詞を聞いて「あ、これ動詞だ!」となるのは、最後の拍がウ段で終わるというのもあるけれども、もう1つ条件があって、上記の2パターンに当てはまるというものです。

例えば、

「うたう」「ねむる」のような動詞は、

それぞれ↓う↑た↑う」「↓ね↑む↑る

「ほえる」「ひっかく」のような動詞は、

それぞれ「↓ほ↑え↓る」「↓ひ↑っ↑か↓く

となるからこれらの単語は動詞のように聞こえるわけです。

一方で「サイコキネシス」「すてみタックル」のような単語は「う段の音」で終わるのにも関わらず、

↓サ↑イ↑コ↑キ↓ネ↓シ↓ス」「↓す↑て↑み↑タ↓ッ↓ク↓ル

となり、アクセントの位置が後ろから4つめにあるため、動詞っぽく聞こえません。

仮に、

↓サ↑イ↑コ↑キ↑ネ↑シ↓す」「↓す↑て↑み↑タ↑ッ↑ク↓る

と言うと、なんだか動詞感が出てきませんか?

(平板式で↓サ↑イ↑コ↑キ↑ネ↑シ↑す」「↓す↑て↑み↑タ↑ッ↑ク↑ると言っても動詞感が出てこない。ほかにも、「ちょうはつ」「めいそう」なんかもウ段で終わってて、しかも、もともと↓ちょ↑う↑は↑つ」「↓め↑い↑そ↑うなのに、ばっちり名詞でしか認識できない希ガス。なぜかは知らん。逆に教えてくれ!)

 

ただし、「帰る」には「↑か↓え↓るみたいに例外はありますが、それは「kaeru」のように連続母音(特殊拍)があるからです。

母音連続、促音(小さい「っ」)、長音「ー」、撥音「ん」のような特殊拍と呼ばれるものがあると日本語のアクセントは1つ前にずれます。

一方で「変える」は「↓か↑え↑る」で、平板型なのでアクセントはなく、そのままです。

 

動詞+後部要素のアクセント

動詞は単体で使われることもあれば、動詞に助動詞をつけたり、副詞をつけたりします。そのアクセントについてお話していきます。

基本的には、動詞+後部要素という形になり、アクセントは後部要素が担います。

その後部要素のアクセントは個別に覚える必要がありますが、平板式の動詞、起伏式の動詞ともにその後部要素の法則にしたがいます。
また、動詞の活用形も後部要素と見なしてくれても良いです。

(後部要素かどうかは微妙ですけれども。。。特に命令形は「五段活用」の場合後部要素に語幹の子音部分まで食い込んでるので…)

以下に例を挙げてみます。

平板型動詞

ころがる(↓こ↑ろ↑が↑る) 〈平板式〉
↓こ↑ろ↑が↑る
↓こ↑ろ↑が↑ら↓な↓い
↓こ↑ろ↑が↑り↑ま↓す
↓こ↑ろ↑が↑っ↑て
↓こ↑ろ↑が↑れ↓ば
↓こ↑ろ↑が↓れ
というように変化して他の拍数でも同様な動きをします。
活用形のみならず、他の後部要素を考えてみましょう。
助動詞「れる、られる」だったら
平板型の場合、平板になります
↓こ↑ろ↑が↑さ↑れ↑る
助動詞「れる、られる」は平板型動詞につけると、全て、↑れ↑る、↑ら↑れ↑るのように平板化するというルールがあるのです。
他の助動詞や副詞ではその要素によって色々変化します。

また、これらは拍数に関係なく同様のパターンになります。

起伏型動詞

かみつく(↓か↑み↑つ↓く) 〈起伏式〉
↓か↑み↑つ↓く
↓か↑み↑つ↑か↓な↓い
↓か↑み↑つ↑き↑ま↓す
↓か↑み↑つ↓け↓ば
↑み↑つ↓け
とういように他の動詞でも起伏型であれば拍数に関係なく同様のアクセントをしてるはずです。
他の後部要素を考えると、
助動詞「れる、られる」を起伏式につけると、
↓か↑み↑つ↑か↑れ↓るとなります。

起伏式動詞に「れる、られる」をつけると、全て、↑れ↓る↑れ↓るなるというルールがあるからなのです。

平板式と同じく、他の助動詞や副詞ではその要素によって色々変化しますし、拍数に関係なく同様のパターンです。

注意してほしいのは、動詞のアクセントは、「活用」がどうとかいうよりも、【「ない」が後部についたときは平板式動詞の場合、「全体を平板式に」、起伏式の場合は「後ろから3つめにアクセント」、「ます」が後部についたときは平板、起伏両者とも「後ろから1つ目にアクセント」、「て」が付いたときは平板式なら「全体を平板式に」、起伏式なら「後ろから3つ目」にアクセント….】というように、あくまでも後部要素がアクセントパターンを決めているんだということです。

動詞+後部要素のアクセント紹介

そういうわけで、後部要素は個別にアクセントパターンを担うためここで紹介していきます。
(後部要素がアクセントパターンを担うだけで、アクセントが語全体のアクセントを決定するわけではないです。つまり、下の3グループのどれかに入るというだけで、後部アクセントに支配されて前部要素のアクセントが完全になくなるというわけではないです。)

で、ここでは、大きく3グループに分けて掲載しています。さらにその中で大元となる動詞(前部要素)が平板式のパターンと起伏式のパターンの2パターン載せています。

因みに、この分け方はNHK日本語発音アクセント新辞典をベースにしています。

NHK日本語アクセント辞典、新明解日本語アクセント辞典とも見比べ、各辞書とも三者三様の説明でしたが、私的にはNHKのものが1番シンプルで分かりやすいと思ったので、これをベースに私なりに解説したしました。

①後部要素自体のアクセントの主張が弱い系

後部要素が平板型の場合の動詞のアクセントです。
具体的には
↑が」「↓か↑ら」「↑け↓れ↓ど(↓も)」「↑し」「↑し」「↑っ↓て」「↑と」「↑な↓ら」「↑の↓だ」「↑の↓で↑の↓に」「↑は」「↑ば↓だ↑け」 「↓ほ↑ど」 「↑た」 「↑だ」 「↑て」 「↑で」 「↑に
について
※終止形に接続したりその他に接続したりしますが、どんな形であれ、アクセントは変わりません。
・上に列挙した付属語は、動詞に付くと主張が弱くなります。
・前部動詞のアクセントが優先されがちになります。
・1語であったり、平板型であったりする語が割と多めです。

☆動詞部分が平板式のもの

前部動詞にアクセントがないもの(前部要素が平板式)は、ややこしいことに例外が出てくる!

基本的には、
↑が」「↓ら」「↓れ↓ど(↓も)」「↑し」「↑し」「↓っ↑て」「↑と↑な↓ら」「↑の↓だ」「↑の↓で」「↑の↓に↑は」「↑ば
に接続する時、前部動詞の最後にアクセントが来ます!

↑〇+●●→…↑〇↓●↓●

 

(例) ↓ね↑む↑る↑か↓ら↓ね↑む↑る↓か↓ら

※ただし、例外的に平板式の動詞が
↓だ↑け」 「↓ほ↑ど」 「↑た」 「↑だ」 「↑て」 「↑で」 「↑に

に接続する場合、全体も平板式になる!

…〇↑〇+●● → …〇↑〇↑●↑●

(例) ↓ね↑む↑る↓だ↑け↓ね↑む↑る↑だ↑け

 

☆動詞部分が起伏式

上で上げた動詞が起伏式の動詞に連なる時はだいたい下の法則にしたがいます。
↑〇↓〇+●●…→…↑〇↓〇↓●↓●…
(例)
↓と↑け↓る↓だ↑け↓ね↑け↓る↓だ↓け

↓と↑け↓る↑か↓ら↓と↑け↓る↓か↓ら

↓と↑け↓る」のアクセントだけが採用されます。

つまり、部動詞のアクセントがそのまんま採用されるのです。
後部要素主張弱すぎィ!

 

*ただし!
「て」「で」「た」「だ」が起伏式一段動詞に接続する時だけアクセントが1つずれます。
理由はたぶん、こいつらは動詞の語幹に接続するため、拍数が変化するから。

 

つまり、動詞語尾の「る」が消えて、3拍のものは2拍になったりってことです。
だから、前部動詞のアクセントがそのまま残るとは言い難い。
★一段動詞

…〇↑〇↓〇+● → …↑〇↓〇↓●

 

↓と↑け↓る + た → ↑と↓け↓た

「〇」で示したら変わって無いやん!って思えますが、実際は「る」が消えているためアクセントが1つ前に移っているように見える。

まあ、そういうわけで、前部動詞のアクセントのまま残るというよりは、厳密には「前部動詞のアクセントの位置」がそのまま残るってことですわ。

 

因みに、五段動詞は
★五段動詞

↑〇↓〇+● → …〇↑〇↓〇↓●

↓い↑ば↓る + た → ↓い↑ば↓っ↓た

最後の動詞が音便を起こして、拍数が変化しないため、そのまま上の法則通りです!
聡明な方は前部動詞の後ろから2つ目にアクセントが来るってまとめたら、全て説明できてハッピーエンドだろヴォケェ!」って思われるかもしれないけれども、そうしたら「前部要素+付属要素+付属要素」的なものが説明しづらくなるのです。詳しくは5.2「奪われたのはの場合」のところで紹介しています

②後部要素自体のアクセントの主張が強い系

↑ぐ↓ら↓い」「↑く↓ら↓い」「↑そ↓う↓だ」「↑ど↓こ↓ろ↓か」「↑ば↓か↓り」「↑ま↓で」「↑み↓た↓い↓だ」「↓う↓だ」「↑よ↓り」「↑ら↓し↓い」「↑た↓ら」「↑だ」「↑た↓り」「↑だ↓り」「↓だ↑ろ↓う」「↓で↑しょ

ここに属する語たちは全て2拍以上でアクセントを持っているエリート集団です。

☆動詞部分が平板式

前部要素の動詞が平板式の時のアクセント。
↓だ↑ろ↓う」「↓で↑しょ↓う以外は例外なく以下のパターン。

動詞部分のアクセントは抹殺されて、後部要素のアクセントが支配します。

後部要素が後ろから2番目にアクセントがあるなら、全体のアクセントも後ろから2番目

↑〇↑〇+↑●↓●…→↓〇↑〇↑●↓●

↓ね↑む↑る+↑ま↓で → ↓ね↑む↑る↑ま↓で
後部要素が後ろから3番目にアクセントがあるなら全体のアクセントも後ろから3番目

 

↑〇↑〇+↑●↓●↓●↓〇↑〇↑●↓●↓●

 

↓ね↑む↑る+↑ば↓か↓り → ↓ね↑む↑る↑ば↓か↓り

 

※ただし、↓だ↑ろ↓う」「↓で↑しょ↓うが接続する場合

 

↑〇↑〇+↓●↑●↓●↓〇↑〇 ↓●↑●↓●

みたいな感じでアクセントが2つ出てきてしまう場合もあります。

 

↓ね↑む↑る+↓だ↑ろ↓う → ↓ね↑む↑る↓だ↑ろ↓う
アクセントが2つ出てくるってことは1語に複合されてなくて2語のままってことです。

複合語の複合語たる所以はアクセントが1つに統合されるということですから。参考☞東京方言の複合語のアクセント

 

☆動詞部分が起伏型

上であげた後部要素の動詞と接続する時、動詞のアクセントと後部要素のアクセントの両方ともがちゃっかり残ります。

↑〇↓〇+↓●↑●↓●→…↑〇↓〇↓●↑●↓●
↓と↑け↓る+↑ま↓で → ↓と↑け↓る↑ま↓で
↑〇↓〇↑●↓●↓●↑〇↓〇↑●↓●↓●

 

↓と↑け↓る+↑ば↓か↓り → ↓と↑け↓る↑ば↓か↓り

 

複合語になろうがなるまいが、変わらず同じアクセントです。
結果アクセントが2つ出てきてしまいます。

これももちろん別々の語で複合語になっているとは言えません。
先ほども申し上げた通り、複合語の複合語たる所以はアクセントが1つにまとまることですから。

③ちょっと特殊なヤツら

これまでの法則には従わない後部要素を紹介します。

★動詞部分の方が強い系!

「せない」「させない」「せる」「させる」「そうだ」「たい」「ながら」「れる」「られる」が後続するとき
A, 動詞部分が平板型→平板型
↑〇↑〇+●●→…↓〇↑〇↑●↑●

 

↓ね↑む↑る+せる → ↓ね↑む↑ら↑せ↑る

 

B, 動詞部分が起伏型→起伏型(後ろから-2にアクセント)
↑〇↓〇+●●→…↑〇↑〇↑●↓●

 

↓と
↑け↓る
+せる → ↓と↑け↑さ↑せ↓る

 

★何系でもない!

否定辞「ない」が接続した時の動詞のアクセント

 

A, ↑な↓い(終止形)」の時

 

動詞部分が平板式→全体が平板式

 

…〇↑〇+●● → …〇↑〇↑●↑●

↓ね↑む↑る+↑な↓い → ↓ね↑む↑ら↑な↑い

動詞部分が起伏式→前部動詞の最後(後ろから-3の位置)にアクセント
になります。

 

...↑〇↓〇+●● → …〇↑〇↓●↓●

 

↓と↑け↓る+↑な↓い → ↓と↑け↓な↓い

 

B, ない+付属要素

 

起伏式はAパターンと同じです。
↑な↓い↓で」「↑な↓か↓っ↓た」「↑な↓く↓て」「↑なけ↓れ↓ばに接続する時

 

◎動詞部分が平板式

 

↓ね↑む↑る+↑な↓い↓で → ↓ね↑む↑ら↑な↓い↓で

 

後部要素の最初、つまり、「な」の位置にアクセント!

 

◎動詞部分が起伏式

 

↑〇↓〇+↑●↓●↓●↓〇↑〇↓●↓●↓●

 

↓と↑け↓る+↑な↓い↓で → ↓と↑け↓な↓い↓で

 

前部動詞の最後、つまり、「な」の直前にアクセント!

 

★後部要素最強系!

動詞部分のアクセントをぶち殺して、後部要素のアクセントのみが勝ち残るパターンです

 

↑〇↓う」 「↑よ↓う」 「↑た↓か↓っ↓た」 「↑た↑が↑ら↓な↓い」「↑た↑が↓る」「↑た↑く↓て」「↓け↓れ↓ば」「↑つ↓つ」「↑な↑さ↓い」「↑に↓く↓い」「↑ま↓し↓た」「↑ま↑しょ↓う」「↑ま↓す」「ま↑せ↓ん」「↑や↑す↓い
☆平板式

↑〇↑〇+●●→…〇↑〇↑●↓●

↓ね↑む↑る+↑〇↓う → ↓ね↑む↑ろ↓う

 

起伏式
↑○↓○+●●→…〇↑〇↑●↓●

 

↓と↑け↓る+↑よ↓う → ↓と↑け↑よ↓う

 

複合動詞のアクセント

複合動詞の規則はアホみたいに簡単です。

簡単すぎてもはやアホです。

動詞×動詞

 

前の動詞が全てを握っております!
前の動詞が平板式の時 → 後ろから2番目にアクセントが置かれる(後ろから2番目まで高い)
前の動詞が起伏式の時 → 全体が平板型
原則は平板、起伏が逆になります。もはやただのツンデレ。

 

前部要素が平板式の時

 

前述の通り、後ろから2番目にアクセント

 

平板式×平板式
…〇↑〇×…●↑● → …〇↑〇↑●↓●

 

↓に↑ぎ↑る×↓つ↑ぶ↑す → ↓に↑ぎ↑り↑つ↑ぶ↓す

 

平板式×起伏式
…〇↑〇×↑●↓●→…〇↑〇↑●↓●

 

↓す↑う×↑と↓る → ↓す↑い↑と↓る

 

前部動詞が起伏式の時

 

前述の通り、平板型になる!

 

ただし、これは爺さん婆さんの発するアクセントで、
若造は平板式と同じで後ろから2番目にアクセントを置く傾向があるぜ!

 

起伏式×平板式

 

ジジババパターン
↑〇↓〇×↑●→〇↑〇↑●↑●

 

↓つ↑け↓る×↓あ↑が↑る → ↓つ↑け↑あ↑が↑る

 

若造パターン
↑〇↓〇×●↑●→〇↑〇↑●↓●

 

↓つ↑け↓る×↓あ↑が↑る → ↓つ↑け↑あ↑が↓る

 

起伏式×起伏式

 

ジジババパターン
…↑〇↓〇×↑●↓●→〇↑〇↑●↑●

 

↑き↓る×↑さ↓く → ↓き↑り↑さ↑く

 

若造パターン
…↑〇↓〇×↑●↓●→〇↑〇↑●↑●

 

↑き↓る×↑さ↓く → ↓き↑り↑さ↓く

 

極論を言うと、
若造は、全て「起伏式」で発音する。
爺ちゃん婆ちゃんは前部動詞が起伏式の時だけ平板式になる
と思っておけばok

名詞×動詞および、形容詞×動詞

だいたい後ろから2番目と思っておk!

動詞+付属要素+付属要素的な

 

前々から動詞のアクセントについて書こうと思っていたのですが、なかなかやる気が出ずにいました。その折に、読者様から質問をしていただいきくというありがたいイベントがあり、それを契機にこの記事を書くに至りました。

このようなご質問をしていただきました。

 

「言い渡されてから」「奪われたのは」「崩れていきます」

のような、動詞+付属要素アンド付属要素のアクセントはどのようなものかと。

この、ご質問について皆さんにも共有いたします。

「言い渡されてから」の場合。

「いう×わたす+れる+て+から」のように構成されてます。

複合動詞「いいわたす」は

↓い↑う<平板>」×↓わ↑た↑す<平板>」↓い↑い↑わ↑た↓す<起伏>」

です。

「動詞+助動詞(れる、られる)」は上の法則どおりに行くと、後ろから2番目の位置にアクセントが置かれるため、

↓い↑い↑わ↑た↑さ↑れ↓る

のように「れ」にアクセントが置かれます。そして「て」については、

その前の「いいわたされる」を1つの起伏式動詞とみなし、「て」をつけます。

起伏型の場合、元の動詞の後ろから2つ目にアクセントが置かれるため、

↓い↑い↑わ↑た↑さ↓れ↓て

のように「さ」にアクセントが来ます。

また

↓い↑い↑わ↑た↑さ↓れ↓て(「さ」にアクセント)」

「から」が付くと、

↓い↑い↑わ↑た↑さ↓れ↓て↓か↓ら

となってしまい、法則通り、「から」の直前の「て」にアクセントが来ず、元のアクセントのまま「さ」にアクセントが来ます。

これは「上の①の起伏式」のところでも書いたように、「から」が後続する時は元のアクセントを保持するからです。つまり、ここでは元の

↓い↑い↑わ↑た↑さ↓れ↓て

の、「さ」にアクセントが来るという情報が保持されるからなのです!

「奪われたのは」の場合

↓う↑ば↓う<起伏>」+↓わ↑れ↓る↓う↑ば↑わ↑れ↓る

となります。起伏型では「た」は後ろから3番目にアクセントを置く助動詞なので、
↓う↑ば↑わ↓れ↓た

のように「わ」にアクセントがきます。

そして、「のは」は、これはソースがありませんが、恐らく上で紹介した①の後部要素の主張が弱い系に属する付属語と考えてもいいでしょう。だから、

↓う↑ば↑わ↓れ↓た↓の↓は

というアクセントになります。

(仮に、平板型の↓あ↑ば↑れ↑る「のは」をつけると、↓あ↑ば↑れ↑る↓の↓はとなる。)

※①のところで、起伏動詞+主張が弱い系を「前部動詞の後ろから2つ目にアクセントが来る」と定義すると、「前部要素+付属要素+付属要素」的なものが説明しづらくなると言いました。それは今回のような場合を想定しての発言でした。今回のように、↓う↑ば↑わ↓れ↓た↓の↓は「のは」が後続すると後ろから3番目の「わ」にアクセントが来るので、上記の説明と矛盾が生じるということです。「のは」でなくても①に属する後部要素、例えば「から」にしても同じです。↓う↑ば↑わ↓れ↓た↓か↓らのように前部動詞の後ろから3番目にアクセントが来ます。

一方で「た」がついてない↓う↑ば↑わ↑れ↓る↓の↓は後ろから2番目にアクセントが来ています。そういうわけで、もともとの↓う↑ば↑わ↓れ↓た」「↓う↑ば↑わ↑れ↓るのアクセントが残ったと考えた方がいいでしょう。

「崩れていきます」の場合

これは

↓く↑ず↑れ↓る<起伏式>+て」↓い↑く<平板>+ます」

の組み合わせからできています。

そのため、

↓く↑ず↓れ↓て

は前部動詞の後ろから2番目の「ず」にアクセントが置かれ、

↓い↑きま↓す

「き」にアクセントが置かれます。

あとはただ、これを並べるだけです。

↓く↑ず↓れ↓て↓い↑き↓ま↓す

これも、アクセントが2つ出てきているため、2要素が結合しているとは言えず、2語が連なっているだけだと考えてokです。

 

参考文献

NHK新アクセント辞典

NHKアクセント辞典 新版

新明解アクセント辞典