関西弁講座③東京方言 vs 大阪方言 単語のアクセント編 " />

関西弁講座③東京方言 vs 大阪方言 単語のアクセント編

記事のレベル;★☆☆☆☆

 

東京方言のアクセントここでも書いているように、面倒くさいルールがあります。

① 最初の拍と2番目の拍は違わなければならない!

② 一度下がった拍は、その単語内では二度とは上がらない!

③ 特殊拍にはアクセントの下がり目がこない!

です。

 

※因みに日本語でアクセントというと普通音の高低がからに落ちる瞬間をいいます。それはこのリンクアクセントとイントネーションとトーンの違いに載っています

 

それと基本的には、4拍の単語以外は後ろから3番目にアクセントが置かれます。

詳しくは→日本語(東京方言)のアクセントの特徴参照してください。

 

例えば、「ベホマズン」だったら↓ベ↑ホ↑マ↓ズ↓ンとなりますよね。

一方で「マホイズン」だったら↓マ↑ホ↓イ↓ズ↓ンとなりますね。

 

このように、最初の拍と2番目の拍は異なって、1回からにさがったらそのままでもうピッチは上昇しません。さらに「ほい(hoi)」のような特殊拍(母音の連続)があるときは「い」に置かれずに一個前にずれます。

 

このルールに沿って発音された単語を聞くと「うわっ標準語や!気取ってる!」と関西人に思われるわけです。

 

一方で関西方言のアクセントは、上のルール②以外無視です。

一度下がった拍はもう上がらない以外は適用されます。

つまり、

関西人に

「ベホマズン」を唱えさせると

↓ベ↓ホ↑マ↓ズ↓ン

というようになるでしょう。

「マホイズン」を唱えさせると

↓マ↓ホ↑イ↓ズ↓ン

となると思います。

 

これは東京方言とちがって、1つ目の拍と2つ目の拍が違う必要もないし、アクセントがからに変わるタイミングが特殊拍であっても問題ないのです。

 

普通、単語の後よりも、前の音の方が目立ちます。だから、東京方言で最初と2番目の拍がになってるところを、↑↑↓↓で発音するとめちゃくちゃ目立ちます。

特に初めから高い音が連続する時はあー関西弁だなーって感じますね。

例えば「ハナクソ」だったら東京方言だったら

↓ハ↑ナ↑ク↓ソ

というように,

上品なハナクソですが、

関西だったら

↑ハ↑ナ↑ク↑ソ

のようにずっと高いまま発音されます。

 

で、用語的な話をすると関西方言ではから始まるものを特別に高起式から始まるものを低起式と呼んでいます。なぜ、関西方言だけ特別視して、こんな名称を付けるのかというと、いろいろ都合が悪いからなんですが、ここで書くとごっちゃごちゃになるからまたの機会に書きますわ。

 

発音のルールはだいたいわかったかと思います。

じゃあどの単語がどこにアクセントがあるねんって感じですね。これは次項に書きますわ。

 

関西弁マスター講座 TOP                                                        ホーム