日本語(東京方言)の複合語のアクセント

記事のレベル;★★☆☆☆

 

単純語の日本語のアクセント規則は先に初回しました。

今回は複合語についてお話したいと思います。

 

まず、今回重要なポイントは

単純語は複合語になると、アクセントが1つに統合される。

ということです。

逆に言うと、二つ以上の単語が並んでいて、アクセントが単語ごとにあった場合、それは複合語とは言えないのです!

 

例えば、下のようなもの。

①「↓と↑う↑きょ↑う↑だ↓い↓が↓く」(東京大学)

②「↑む↓つ↓む↑ね↓み↓つ」(陸奥宗光)

 

①に関しては、普通、それぞれの単語を発音すると、

↓と↑う↑きょ↑う↓だ↑い↑が↑く

ですよね、でも複合語になると、

↓と↑う↑きょ↑う ↓だ↑い↑が↑くにはならずに、

↓と↑う↑きょ↑う ↑だ↓い↓が↓くになります。

これが複合語ってことです。

 

②は東京大学みたいに、↓む↑つ↑む↑ね↓み↓つにはならずに、アクセントの変わり目がの二か所にありますよね。こういうのは複合語のアクセントとは言えません。苗字+名前はだいたい複合語になりませんね。

 

(個人的には人名でも徳川家康は↓と↑く↑が↑わ↑い↑え↓や↓すはなんとなく有りな気がする。あれ?ぼくが関西人だからかな…)

 

基本的には単純語の日本語のアクセントは後ろから3拍目に置かれます東京方言のアクセント分布

しかし、複合語になると、後ろ側の単語(後部要素)の拍数(モーラ数)によって変化します。

 

 

★後部要素が2拍の時

前部要素の最後の拍にアクセントが来ます。

(例)

↓も↑う↑し↑つ↓ペ↓ン」 (毛質ペン)

↓け↑い↑し↓ちょ↓う」 (警視庁)

 

みたいな感じです

 

前部要素である「毛質」、「警視」の最後の拍にアクセントが来ていますね。

 

★後部要素が3, 4拍の時

後部要素の最初の拍にアクセントが来ます。

 

(例)

↓さ↑わ↑や↑か↑ク↓ラ↓ス」 (さわやかクラス)

↓お↑は↑よ↑う↑か↓ん↓さ↓い」 (おはよう関西)

↓れ↑ん↑た↑い↑せ↓き↓に↓ん」 (連帯責任)

 

みたいな感じです

 

後部要素である「クラス」、「関西」、「責任」の最初の拍にアクセントの変わり目がきていますね。

 

★後部要素が5拍以上の時

アクセントの移動は起こらず、後部要素もともとの位置にアクセントが残ります

 

(例)

↓カ↑ワ↑サ↑キ↑ク↓リ↓ニ↓ッ↓ク

↓さ↑い↑きょ↑う↑ロ↑ッ↑ク↑ン↑ロ↓ー↓ル

 

もともと、クリニック、ロックンロールは

↑ク↓リ↓ニ↓ッ↓ク

↓ロ↑ッ↑ク↑ン↑ロ↓ー↓ル

という位置にアクセントがあって、複合語になろうとも、台所の三角コーナーの汚れみたいに、そこにアクセントが残り続けるのです。

 

というのが、複合語のアクセント法則でした。

 

ただし、名前の「太郎」のアクセントのみが曲者だったりします。

こいつは後部要素に関係なく、

 

↓も↑も↓た↓ろ↓う」(桃太郎)

↓き↑ん↑た↑ろ↑う」(金太郎)

みたいになります。

 

この流れで「うらしまたろう(浦島太郎)」も例として挙げたいですが、これは複合語ではないですよ。

↓う↑ら↓し↓ま ↑た↓ろ↓う」アクセントが2つありますね。

ただ単純語が横に並べられてるだけです。

 

前部要素の音節に注意して、いくつか例を挙げて観察してみると法則が見えてくるでしょう。

 

有アクセント(起伏型) 無アクセント(平板型)
↓も↑も↓た↓ろ↓う 型 ↓きん↑た↑ろ↑う 型
たろう

たろう

たろう

からたろう

んたろう

ーたろう

ったろう

りゅうたろう

んたろう

んたろう

うたろう

たろう