関西弁マスター講座① 日本語の構造とリズムの基礎知識

記事のレベル;★☆☆☆☆

 

関西弁に入る前にここでは日本語全般に言える基礎知識をダイジェストでお送りします。

ちなみに東京方言に関してですが、詳しいことは、日本語の音韻論音声学の話の方でしこたま書いてますので、そちらを参照されたしたし。

 

まず日本語には母音と子音があります。で、その母音子音は子音母音子音母音っていう順に綺麗に並んでいます。

 

あたりまえやろ!って思うかもしれませんが、他の言語ではそういうわけにはいかないんですね英語だったら”strike”とか見てもらえれば、母音1つで後は子音のハーレム状態!って感じなので、日本語とちがうなーってのが分かると思います。

 

そもそも母音子音ってなんやねん!って人は→子音とは?母音とは?

 

この子音+母音のセットを拍っていいます。

拍について→日本語のリズム part-1 拍について

 

平たく言うと、平仮名1字に相当するものです。

 

でも「っ」「ー」「ん」「母音の後の母音」は日本語の中でも特別扱いのもので特殊拍といわれます。

 

「っ」「ー」「ん」「母音の後の母音」はプレミアムBIP待遇な理由は→日本語のリズム part-4 日本語の音節について

 

で、アクセント的なことを見ていくと、高低アクセントといわれるもので、その拍が高いか低いかでアクセントが決まります。

 

例えば、「ふりんそうどう」(不倫騒動)だったら

東京方言で↓ふ↑り↑ん↑そ↓う↓ど↓う

 

ってな具合になりますね。

 

日本語のアクセントについては、スイカとSUICAの話参照

 

次項で関西方言と東京方言の違いでもうちょっと詳しく述べていこうと思います。

関西弁講座⑤ 東京方言と関西方言のアクセントの対応関係!