音韻論, 音声学 日本語のアクセント " />

音韻論, 音声学 日本語のアクセント

記事レベル; ★★☆☆☆

アクセントのことはスイカとSUICAの話でいくつか説明しましたがもう少し詳しく見てみましょう。日本語のアクセント高低アクセントと呼ばれるアクセント形式で、音が高いか低いかでアクセントがきまりました。一方、英語では、強勢アクセントといって音が強いか弱いかでアクセントが決まります。アクセントは何のために存在するかというと、単語の境界を示したり、意味の区別に役立ったりするものだよーということは以前の記事で述べました。それと、意味の区別に役立つ時もありゃあ、あんまり役に立たんよーってこともあるということもお話ししました。そして、日本語のアクセントは高いところからピッチが急激に落ちる下がり目のところのことを言うんでしたね。このことをアクセント核といいます。でもめんどくさいから単に「アクセント」といいます。つまり、これから「アクセント」というとこの下がり目のことを言ってるんだなと思っておいてください。

さて、そんな日本語のアクセントちゃんにも実は種類があります。今回はそれらの種類を見ていきたいなと思っています。ちなみに、ここでお話しするのはもちろん東京方言のお話なので悪しからず。

例えば、よく言われているのはこの分類方法。

助詞の「が」込みの下の単語群を見てください

 

 

それぞれ下がり目の位置がちがっていますね。

この位置によって名前が付けられています。

 

Aは平板型

と呼ばれています。なぜ平板型かというと、もちろん「アクセント」が存在しないからです。すなわち、単語のどこにも下がり目が存在しない単語は「平板型」なります。

 

Bは起伏型

見ての通り、単語に起伏があるものです。平板型じゃないものがここに分類されます。つまり、起伏型は「アクセントがあるよー型」です。それで、そのアクセントの位置によって

 

①頭高型(あたまだかがた)

②中高型(なかだかがた)

③尾高型(おだかがた)

と呼ばれています。

この圧倒的な「あ段」率!発音するだけで舌かみそうです。その点「尾高型」には「あ段」以外もあるのでまだましなように聞こえます。なんだか若干「尾崎豊」っぽくてカッコイイですね。

 

しかし、この分類方法に従って記述するとややこしいことが起こります。

例えば「↓か↑た↑な↓ら↓し↓が」という語のアクセントは中高型です。しかし、日本外国の語学習者に「『肩慣らし』という単語をききました、アクセントはどこですか!?」と聞かれた時、「中高型です!キリ」と答えても、相手からしたら「?」ですよね。(まぁふつうはこんな答え方する人はいないでしょうけど)

要するに、この表記法は不親切である場合があるってことです。

 

だから、後ろから何番目や!って言った方がいいです。

なぜ後ろからカウントすると、その方が都合がいいことが多いからです。

日本語のアクセントはなにもバラバラに分布しているのではなく、規則に従って付与されているのです。その規則が「後ろから何拍目にアクセントが置かれるよー」というものなのです。これについて詳しくは別の記事でいいます。