ワイがGoogleAdsenseの審査に通った時の状況

記事レベル; ★☆☆☆☆

GoogleAdsenseに申請しようとしている人にとって、どれくらいの文字数の記事をどれくらい書けば良いかっていうのは疑問に思うところじゃないかなって思います。

そんなこんなで、みんなの参考になればなってことで表題の通り、僕がGoogleAdsenseに通った時の状況を書こうと思います!

申請したのはこのサイトです。(というか、このサイトしかブログやってない)

そして2017年9月下旬の環境下で申請しました。

まず気になるのは、記事数と文字数だと思います。

記事数: 12

合計文字数: 16801くらい

それぞれの内訳をみていくと、

題名 文字数 備考
関西弁マスター講座 582 目次
関西弁マスター講座 序論 1312
音韻とか音声の話 991 目次
母音とは? 子音とは? 1872
日本語のリズム Part1-拍について 1795
日本語のリズムPart2-音節とは? 1059
日本語のリズム Part3-音節とは? 具体的に! 1738
日本語のリズム Part4-日本語における音節 1158
処理方法の違いと小ネタ―〇〇を逆から読むと― 662
アクセントとイントネーションとトーンの違い 1756
スイカとSUICAの話 1193
音のエネルギーの階層の話 2689

16801字って恐らく少ないんじゃないかなって思います。

他のサイトをめぐって私が調べた限りでは、最低でも20000字ないと合格は厳しいとか1記事最低1500以上とかいうものも散見されますが、私の記事はどちらも満たしていないものが多いですね。

というか、そもそも1記事を長くしすぎるのは、すんごい嫌いだったので、わざと少なくまとめています。

googleは専門性の高い閲覧者に利益を与える記事を重んじるみたいなことを言ってたので、それが功を奏したのかもしれません。

それと、僕のサイトの上の表の備考欄に「目次」って書いてあるページでは

「誰々向けでこういう層に参考になるよ」って宣言しているので、

それも良かったのかもしれません。

(本当はもっと文字数少なくてもokだったかもしれませんが、落ちたくなかったからこの文字数まで書いて申請してでござる。)

(それと、上表の緑枠の関西弁マスター講座に至っては目次と序章しか書いてないから専門的な情報ないし、文字数カウントされてたかわからん。

だから実質1500文字以内でワンチャン行けるかもしれんw)

あと、

サイト創設から半年くらい経っていました (だいぶん放置していたw)

統計を見るに閲覧者数は超少なく、サイト立ち上げから申請までの6か月間で合計60人くらいしかこのサイトを訪問してくれてませんでした(爆笑)

それと今年の9月からgoogleアドセンスの申請後の審査方法が変わって、これまで二段階審査(1段階目で機械が文字数チェック、2段階目で人が内容チェック)だったのが廃止されて、1段階だけになったってのも合格のための追い風だったのかもしれません。知らんけどw

あと、googleから審査には「3日かそれ以上かかります」てきなことを言われましたが、

申請してから8時間程度で合格通知が来ましたよ♪

平日に申請したからかな?

皆様の参考になればなと思います。