音声音韻 アクセントとイントネーションとトーンの違い" />

音声音韻 アクセントとイントネーションとトーンの違い

記事のレベル; ★★☆☆☆

 

日本語のリズムについて解説しようと思います。

が、その前に、ここで用語の説明をしておきます。

よく以下の3つの用語が使われますが、それぞれ指しているものが異なります。

 

アクセント

アクセントはザックリいうと、単語内で目立つところです

日本語だったら、ピッチが高いところから低いところに落ちるところ。

英語だったら強く読まれるところです。

英語の授業でアクセントがどうちゃらこうちゃらってやったことがある人は英語式のアクセントの方がなじみ深いかもしれせん。

例えば、interesting, pioneer, patなどです。

 

このようなアクセントを強勢アクセントといいます。

 

その他にも、英語ではアクセントで名詞、動詞が変わるよーってことを聞いた人もいるかもしれません。

例えば、”advice”

名詞形advice

動詞形でadvice

となります。

まぁ、ネイティブはそこまでアクセントで区別してるわけではないらしいですが。。。

 

 

日本語はピッチが高いか低いかで、アクセントを判断します。

すごく有名なのが、橋と端と箸の区別です。

さて問題、どれがどれでしょう。

助詞の「が」込みで録音しております!

いずれも、東京方言、いわゆる標準語で録音しています。

 

正解は一番上が「箸が」次が「端が」次が「橋が」です。

これらはそれぞれ、

「箸が」 ↑は↓し↓が

「端が」↓ は↑し↑が

「橋が」 ↓は↑し↓が

となっています。

一般的にはピッチが落ちるところ、すなわち、↓矢印のある所がアクセントとされています。

 

アクセントでの意味の区別についての小話は次の項→スイカとすいかの話で!

 

この日本語式のアクセントを高低アクセントといいます。

この高低アクセントにはいくつか法則があって、日本語ではアクセントシステムが超重要です。それはまた別項でまた追記しやす。

なぜ上の問題で、「はしが」という風に「が」まで入れたかはその時に解説します。

 

トーン

いわゆる声調と言われるものです。

中国語を習ったことがあると、「あー、あれのことね」ってなると思います。音節全体のピッチの高さで意味が変わるアレです。

中国語において、

同じ”ma”という音節でも、

ma(→)だと母のことを表し、

ma(↗)だと痺れることを表し

ma(⤴)だと馬を表し

ma(↘)叱ることを表す

ってやつです。

 

 

このような音節全体の高低の違いが声調(トーン)といわれるものです

 

実は、関西弁にも、この声調の要素があると言われています

まず次の東京方言での名詞+助詞の言葉を見てください

①血を吸う

②手をたたく

これらの語は関西弁では助詞が消えることもあります。

その時にそれぞれ、

①↑ちぃ↑すう

②↓てぇ↑たたく

のように、一音節のなかで上がり下がりをしています。

このために中国語の声調と似てると言われています。

 

というわけで、関西弁を習得すると、多少は中国語をも理解することができるかもしれません。

目次

イントネーション

文全体でのピッチの上がり下がりです。

有名なのが、平叙文と疑問文の差

中1の英語の時間でもさせられた、平叙文のときは、文末が上がらないよー疑問文の時は文末が上がるよー。でも”what”の時は文末が上がらないよー!っていうアレです。

I have a pen (⤵)

Do you have a pen (⤴)

的なやつです。

日本語でも、疑問形を作るときは語尾を上げますね。全く同じです。

 

他にも協調したい語のピッチを上昇させたり強くしたときもイントネーションという用語を使います。

例えば、次の2文

これは太郎が壊した花瓶なんだよ!

これは太郎が壊した花瓶なんだよ!

太字のところが、語気を荒げて話しているところですが、上の文では「くそー太郎が壊しやがったあの野郎め!」それに対して、下は「なんでよりによってあの花瓶やねん!クソ!」という思いが読み取れると思います。

 

このように語中の一部を際立たせるのはプロミネンスともいいます。

 

アクセントとの違いは、ある部分を際立たせるという意味では、両方同じですが、イントネーションは文全体の中での一部分を強調することで、一方アクセントは単語単位の中での一部分の強調だと思えば理解しやすいと思います。

 

以上がアクセントと、トーンと、イントネーションの違いでした。

区別でした。他の記事でも、この区分を基にお話しを進めていきます。

 

音韻論とか音声学TOPに戻る                ホームに戻る