音韻論, 音声学 日本語のリズム Part4-日本語における音節" />

音韻論, 音声学 日本語のリズム Part4-日本語における音節

記事のレベル ★★★☆☆

前回の記事では、音節について、英単語を用いて具体的に解説しました。

英語の授業では「音節」って聞くけれども、国語の授業では「音節」だなんて一切聞いたことないでしょう。

では、日本語には音節なんて存在しないのでしょうか

実は日本語にも音節は存在します。(答え言うの早えな!)

 

口が開いてから閉じるまでの一連の流れのことを指すので、当然存在しますです。

 

例えば、「けしごむ」という言葉だったら、1文字が1拍に相当するため、「け」「し」「ご」「む」の4拍です。

 

音節で換算すると、”kesigomu” なので、各音の関係は➀<②>③<④>⑤<⑥>⑦<⑧となっているため、➀<②, ③<④, ⑤<⑥, ⑦<⑧ 換算してやるのが都合いいでしょう。

つまり、消しゴムは4拍でなおかつ、4音節ということになります。

 

 

「けしごむ」の例の通り、上述日本語では拍と音節は基本的には同じ数となります。

 

しかし、下の4つの音があるときにずれていきます。

「っ」「ん」「ー」「二重母音」

こいつらが、日本語の音節と

これらの音は他とは違うので、「特殊拍」と呼ばれています。

 

例えば、

「がっさく」

「かんさい」

「サッカー」

という例を見てみましょう。

これらの単語はもちろん、それぞれ

「が」「っ」「さ」「く」

「か」「ん」「さ」「い」

「サ」「ッ」「カ」「ー」

4拍ですが、音節単位でみてやると、

“gassaku”は、➀<②>③=④<⑤>⑥<⑦

となり、➀<②>③, ④<⑤, ⑥<⑦のように、3音節に分離してやるといいでしょう。

 

“kansai”は、➀<②>③>④<⑤>⑥

となり、➀<②>③, ④<⑤>⑥のように2音節に分離してやると美しくなります。

 

sakkaa”は、➀<②>③=④<⑤=⑥

となり、➀<②>③, ④<⑤=⑥のように2音節とすれば、わりと良い形になります。

 

すなわち各々、

「がっさく」は4拍、3音節

「かんさい」は4拍、2音節

「サッカー」は4拍、2音節

といった違いが生じてきます。

 

つまり、拍のところで説明した、じゃんけんで勝てばその手に応じた数だけ進める遊びを、音節単位で処理してやれば、それぞれ「チョコレイト」だと5音節なので5歩、「パイナップル」も4音節なので5歩、グリコは「グリコ」の3音節なので3歩進むことができるということですね。

 

さらにしりとりも、音節単位で処理してやれば、「ん」で終わることがなくなるので一生続けることができます。

「やかん」→「かんてん」→「てんかん」→「かんらん」→「らんたろう」みたいにw

 

本節では音節について解説しました。こんな区分なんの役に立つねん!って感じでしょうが、これはアクセント現象に影響したりします。

後々日本語のアクセントについての記事も書きますが、続きはそこで書きますヨ☆